つまりトラブルが起こった場合の対処について

つまりトラブルと言えばトイレが最も多く、他にもキッチンのパイプや浴室の排水管も挙げられます。

トイレでつまりが起こる一番の原因は、排水能力を超えた量のトイレットペーパーを流すことです。トイレットペーパーといった明らかな原因が無いのに、最近流れがいまいち良くないというケースもあるのですが、その場合は長年の尿石などの汚れが原因となっていることが多いです。トイレットペーパーや排泄物など水に溶けてくれる物体であれば、自力での対処法がいくつかありますが、非常に困るのは水に溶けないものをつまらせてしまった場合です。

水に溶けないものの代表的なものは、赤ちゃんのオムツやナプキンといった吸水性のあるものが挙げられ、使用後に流れると思って意図的に流す人がわりといます。つまらせてしまうと、自力で解決できないトラブルにつながることもあるため注意が必要です。トイレのつまりトラブルが起こったからと言って、すぐに修理会社に連絡しなければならないというわけではありません。

まずは時間を置いてもう一度流してみるか、ぬるいお湯を注いでみるといった方法を試します。解決しなければラバーカップを使用し、つまっている物体を手前に引き戻してみましょう。ラバーカップを使用しても駄目な場合は、時間を掛けても解決しないものはしないと理解し、早めに修理会社に相談するのが賢明です。毎日何度も、そして家族全員が使用する場所なので、速やかに解決することが何より大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *