キッチンの排水溝つまりのトラブルの原因

キッチンの排水溝つまりのトラブルの原因は主に油汚れや食べかすですが、他にスプーンや箸、爪楊枝など食材以外の固形物でも起きます。

こんな大きいものが排水管の中へ落ちるなんて考えられないと感じますが、これが実際落ちてしまうとかなり面倒です。油や食材カスの汚れなら手軽な方法でも解決することが可能ですが、スプーンやナイフなどの食器類だと薬剤で溶けませんし、ある程度重さがあるので水圧や空気圧でも取り除くのが難しいです。

最悪のつまりのトラブルになるとキッチンの床を全て取り外し、排水管ごと交換しないといけなくなり手間や時間、費用もかかってしまいます。すると単なるキッチンの排水溝が詰まって水が流れにくくなるなど、身近なつまりのトラブルだけではすみません。固形粒が排水管へ落ちる原因は中を歯ブラシなどで掃除をしている場合で、手で届かないところを歯ブラシで掃除をしていると先が排水管の内部のくぼみへ引っかかって、手を離したすきに落ちてしまうものです。

案外、使わなくなった歯ブラシなどを使って排水管を掃除することは珍しくなく、ついうっかりして中へと落としてしまう予想は簡単にできます。この場合、単にうっかりだけだと済ませないほど大きな問題へと繋がる可能性もあり、ブラシなどを使って排水管の中を掃除するときは細心の注意を払って行い、出来れば落ちないようにどこかへ紐で繋げて何かあっても落ちないようにするなど工夫が必要です。清掃中も近くへ穴の中へ入るようなものは先にどかしておくことも重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *