排水トラブルでつまりが起きたときの基本的な対処術

水回りのトラブルの一つには排水口のつまりという現象が起きてしまいます。

石鹸のカスが溜まったり、髪の毛や他の異物が固着してしまう可能性もあり、主に経年劣化に分類される現象です。長きにわたり使い続けている水回りでは、新品時と比較すると排水管の内部は汚れがたまり、本来の排水能力を発揮できない状態になることは珍しくはありません。排水トラブルのつまりに対しては、対処術というものがあり、最も基本とされる道具にはラバーカップをあげられます。ホームセンターで販売していることが多いので、誰でも簡単に購入できる道具です。

このラバーカップは持ち手の柄が眺めで先端にはゴム製の円形カップが付けられています。使い方も簡単で排水口に対して垂直に押し当てて真空状態を作り上げてから真上に引き上げる作業を繰り返す方法です。この道具は排水管内部の水流を改善させることができ、異物を引き出したり、逆に流れによって奥に流し込むことも可能です。つまりの状態次第では、ラバーカップだけでは対応できない現象もあります。

このトラブルの対処術は排水管用で販売されているワイヤータイプのブラシを使う方法が効果的です。手元で長さを調整できるものもあり、使い方は至ってシンプルなので直感的に使い方が判断できるグッズです。ブラシを排水管の奥側へと通す方法で異物を分解しながら流し込むことができ、同時に排水管の掃除を行えることも特徴です。大体のつまりはこの2つの道具を使い分けることでトラブルは解消できますが、もしも解決できないほどつまりが酷い場合は、水のトラブルを解決する会社に連絡し、症状を上手く伝えておくと簡単に直してもらうことはできます。
つまりのトラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *