蛇口からの水漏れを修理する

お風呂場や洗面所、キッチンなどを長く使っていると、蛇口が劣化して水漏れを起こす場合があります。

しっかりとしめたはずなのに水がぽたぽたと滴ってくる、徐々に滴る水の量が増えている、しまりが悪くなっている感じがするという場合は、パッキンが劣化している可能性が高いので、自分でパッキンを交換するか水道業者に依頼をして好感してもらいましょう。パッキン交換は、ホームセンターなどでパッキンを購入して自分でもできる修理ですが、自信や経験がない人は業者に頼んでも安価です。

蛇口の根元や連結部分、ねじの隙間などから水が漏れている場合は、部品交換などが必要になることが多いので水道の修理業者の見積もりを取ることをおすすめします。水道は毎日使う物なので、丈夫に作ってありますが古くなってくると経年劣化していきます。10年から15年以上使用している場合には、部品の交換も良いのですが、他の部分も同じように劣化しているため、一部分をなおしても次々と他の部分が劣化によって不具合を起こす可能性があります。

蛇口の水漏れを修理するときに、古くなっているなら、思い切って蛇口リフォームも検討してみることがおすすめです。最近の蛇口は大変進化していて、手をかざすだけで自動で水が流れたり、浄水器がついているなど機能面が充実しています。また人気のシャワーホースは、使ってみると予想以上に便利という人が多いのでおすすめです。水漏れの修理代金よりは費用が掛かりますが、先々の劣化の修理を考えると、交換のタイミングという場合も多いので選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *