蛇口の漏れを修理するには

水回りのトラブルは、ある日突然起こることが多いと言われています。

もし自宅の蛇口が水漏れを起こしてしまったら、慌ててしまう人も多いでしょう。日常的に使用する場所であるからこそ、すぐにでも修理が必要です。蛇口の水漏れを修理する前に、まずは問題が発生している箇所を正確に突き止める必要があります。場所や状態によっては、自分でも修理が可能な場合もあるのです。また、水栓の種類を把握しておくことも大切です。種類によって修理の方法が異なります。

自分で作業を行うには、工具や交換用の部品が必要となるケースが多いので、注意しましょう。混合水栓には、いくつかの種類があります。一般的には、ハンドル混合水栓、シングルレバー混合水栓などがよく知られているようです。蛇口の水漏れを解消するためには、いつ水漏れが起こっているのかを調べる必要があります。水を出している時に、ポタポタと漏れを起こしているようならば、水栓の金具の中にはめてあるゴムパッキンが劣化している可能性が高いです。

蛇口を閉めているのに異常がみられる場合は、本体に問題があると考えられます。バルブカートリッジが破損しているため、新しいものと交換すればトラブルは解決するでしょう。工具や部品があれば、自分でも修理は可能ですが、急ぎの場合や不安がある場合は専門の業者に依頼すると便利です。24時間受付をしている業者も多く、突発的なトラブルの際も安心であると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *