蛇口の水漏れ修理について

蛇口の水漏れの修理は基本的に部品の交換で、ハンドル内パッキンとケレップ、そしてバルブカートリッジの3つの部品もしくは全部を新品に変えるだけです。

この部品を変えるだけで蛇口の水漏れ修理が成立する理由は簡単で、これらの部品の劣化が原因だからに尽きます。ハンドル内パッキンとは水があふれてこないようにゴムパッキンとケレップが使用されており、前者は中から水がこぼれないように、後者は排水管から外への流入を防ぐために施されているのが特徴的です。バブルカートリッジはレバーを上げ下げするタイプに使用されているパーツで、いわゆる温度調節ができるパーツです。

ゴムパッキンとケレップは破損すると水が溢れるようになり、バルブカートリッジはそのトラブルに加えて温度調節ができなくなります。自力での蛇口の水漏れ修理は可能ではあるものの、業者に依頼した場合は1万円前後の料金を支払えば部品交換は可能です。注意点を挙げるなら、この料金はあくまで部品交換のみで、追加料金は発生した場合は見積もり次第となります。

業者によっては夜間と早朝用の料金や調節作業など様々な設定を設けており、場合によっては2万円以上になっても、おかしくはないです。なかでも厄介なケースは輸入品や古いタイプを扱ってもらう場合で、こうした品は通常とは異なる作業になるうえにパーツが中々ないせいで依頼しても断られる場合もあります。断られる事を回避するためには、事前に業者に見積もりしてもらう事が肝要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *