蛇口からの水漏れを自分で修理する方法

お風呂やキッチン、洗面所など水道の蛇口から水漏れしているという状況はよくあることでしょう。

ケースによっては専門の業者を呼ばないと修理できないものもありますが、中には自分で簡単に直すことのできるものもあります。自力で修理するためには、まず最低限必要な工具を揃えておくのはよいことです。その中には、緩んだナットを締めるためのモンキーレンチやトルクレンチ、ハンドルを調整するためにネジを外すときに使う精密ドライバー、小さな部品をつかむのに便利なピンセット、さらには水栓レンチなどがあります。

例えば、洗面所やキッチンで多く使用されているシングルタイプレバーの混合水栓の蛇口付近から水漏れしている場合があるかもしれません。水を出している時に蛇口の周囲から水漏れしているのであれば、パッキンを交換する必要があるでしょう。修理の際には、必ず水道の元栓を閉めてから作業を行う必要があります。

蛇口を閉めているのに水が漏れている場合であれば、内部のカートリッジを交換する必要があるかもしれません。交換や取付に関しては、取扱説明書をよく読んで正確に作業するのがポイントです。場合によっては、大量の水を使用する洗濯機の蛇口まわりから水漏れしていることがありますが、そのような場合は、パッキンの劣化やナットの緩みが原因となっていることがあります。それで、パッキンを交換するかモンキーレンチでナットを締め直すことによって、簡単に修理できる場合も少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *