トイレのつまりと水漏れを解消する手順

トイレで起きたつまりや水漏れを解消するための手順ですが、症状の度合いによってやるべき事が違います。

最初から大量の水漏れが起きていたり、つまりが酷くて全く流れないような状況になっていたら、無理をせずに業者に連絡を入れた方が良いかもしれません。止水栓を止めれば一時的に水漏れは止まりますが、悠長に原因を特定している時間がないため、ストップできている間に連絡を入れるべきです。つまりも同じであり、目に見える範囲で取り除けるものが無いようなら、自力での対処は困難です。

頻繁に使うトイレで急に大きなトラブルが発生することは稀ですので、小さなトラブルを見過ごしてしまった可能性が高くなります。症状が軽いトイレのトラブルでは自分で直せます。例えばつまりはラバーカップで異物を取り除くのが有効であり、大量のお湯を流すことも効果的です。お湯は熱すぎないことがポイントですので、温度に迷ったら60度くらいにしましょう。

ラバーカップは押し付けた後に一気に引き抜くことが大事です。水漏れが起こりやすい箇所として、排水管や給水管のパッキンは劣化しやすいので交換してみるとすぐに止まることがあります。管部分をチェックするとナットがありますが、これが緩んでいると水が漏れますので、モンキーレンチでしっかりと締めるのも有効な手段です。タンク内からどんどん水が出て来てしまう場合には、タンク内で異変が起きています。パーツに不具合がないかを確認して、適宜交換します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *