水漏れに至らないようにトイレつまりは早めに対処

トイレ内で頻繁に起こる故障やトラブルにはつまりや水漏れがあります。

中でもトイレつまりのトラブルは早い段階で処置をしておけば水漏れなどの大事に至らないケースも多いので、前兆となる症状や対処方法についてあらかじめ知っておくことが大切です。つまりの前兆としては、便器の水の流れがよくないこと、水を流した後に水位が上がってしまうこと、便器の水が極端に少なくなり臭うこと、普段とは違う音がすることなどがあります。普段から便器やタンクからの水が流れる様子や水位を注意深く観察しておくことも良策です。

前兆が見られた場合には、症状を軽視して放置することなく、早めに修理やメンテナンスを検討しなくてはいけません。つまりの原因にはタンク機能の故障や劣化もありますが、多くの場合はなんらかの異物によって水の流れが遮られていることが考えられます。紙や便であれば使用しているうちに自然に流れて症状が改善されることもありますが、生理用品、おむつ、タオル、ペットの汚物などの異物はそのまま放置しておくと、水があふれて漏れ出すこともあるので危険です。

異物がごく小さいものや水に溶けるものであれば、バケツで大量の水を流すことも効果的です。また、ワイヤー式のトイレクリーナーやすっぽんと呼ばれるラバーカップでも、比較的容易につまった異物を引き出すことができます。つまりの原因がわからない時や対処しても改善が見られない場合には、修理の専門会社に連絡してプロに相談するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *