築年数が20年以上のトイレのつまりと水漏れの解決策

築年数が20年を超えている住宅にお住いの方の中には、トイレのトラブルが頻繁に起きてしまうことは良くあることです。

つまりが度々起きてしまったり、水漏れを起こしている箇所が増えてしまうこともあり、老朽化は着実に進んでしまいます。水回りのトラブル関連は、専門会社が多数営業をしているので、基本はどのような事例でも修理は行えます。修理回数が増えていると実感している場合は、修理で一時的な解決を行う方法よりも、リフォームを依頼した方が良いという事例も少なくはありません。

築20年も経過していると、トイレの場合はつまりや水漏れの問題以外にも、クッションフロアが汚れてしまい、拭いても綺麗にできない場合、クロスにもシミが出来ていて清潔感を感じられない状態になっていることも珍しくはありません。20年以上前のトイレは現在主流の節水型ではないので、水道代も高い料金を支払っていることになり、やはりリフォームで最新型に変えることにメリットを感じることは多々あります。

工務店に依頼する方法と水回りのトラブル専門会社に依頼する方法もありますが、フルリフォームの場合は必ず現場調査を行ってもらい、見積書を発行してもらうことは欠かせません。フルリフォームを行ったとしても、下は16万円程度から、上は25万円程度で済ませられることが多く、この差額は選ぶ便器の機種や、排水管の芯の位置でも違いが出ます。20万円前後と考えた際には、人によっては大きな料金で負担が大きいと感じることもあるとは想定できますが、しばらくの期間はつまりや水漏れが起きることはない安心感と、節水型なので水道代を安くできる利点を感じることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *