とお風呂場の詰まりと京都の水道工事

京都の水道工事で多いのは、お風呂場の詰まりです。

普段何気なく流しているお風呂の水の中には、髪の毛が含まれていることが多く、これが徐々に排水管や排水トラップの中で貯まってしまうと、詰まりがおきます。詰まりが起こると、水が流れにくくなるのはもちろんのこと、逆流してきたり、嫌な臭いを発生させたりするようになります。お風呂場の詰まりが発生する箇所は、排水トラップや排水管の屈折した場所などです。

排水トラップは下水の悪臭が昇ってこないように水で栓をする役割があるのですが、その排水トラップに髪の毛や石鹸カスなどが溜まっていくと、雑菌が繁殖する原因となり、それが悪臭の原因ともなりかねません。これでは何のために排水トラップを設けているのか意味がなくなってしまいます。そのため手で取り除くことができる髪の毛などはいつも取り除いて流を良くし、定期的に排水クリーナーなどを使って、詰まったものを溶かす必要があります。

排水トラップは排水口の近くなので良いのですが、排水管の中で髪の毛などが詰まってしまった場合は手が届かないのでやっかいです。このような場合は、京都の水道工事会社に来てもらうしかありません。京都の水道工事会社では、たいてい高圧洗浄機を持っているので、それを使って押し流していきます。定期的に行うと、いつでもクリーンな状態に保つことができるでしょう。ただ、それでも詰まりが解消しない場合は、排水管を分解するなどかなり大掛かりな工事となってしまうこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *