適量の飲水で健康トラブルを回避!

水は健康トラブルを引き起こさないために、適切に飲む必要があります。中でも、尿路結石によるトラブルは水分をあまり摂取しない人に多いと言われています。中でも尿管結石は、細い尿管に結石が侵入して痛みの症状が起きるほか、尿を排出できずに腎臓から漏れ出すケースも少なくありません。結石ができる本当の原因は分かっていませんが、多くはシュウ酸を含む食料を多く摂取している人や尿酸値が高い人などが罹患しやすいと言われています。

ただし、尿路結石は飲水によってトラブルの多くを回避できるとのデータが発表されているのです。予防につなげるために飲む量は一日に2000mlと言われ、尿量を増やし勢いよく排出することが結石の発生を防ぐとされています。数ミリ程度の結石で尿管結石になるケースもありますが、少ない飲水量がトラブルを引き起こす例のひとつです。尿管へ結石が侵入しても極めて小さければ尿と一緒に体外へ排出されるため、通常は痛みを感じることはありません。

しかし、尿量が少なく勢いがなければ、小さな結石はうまく体外へ排出されずに尿管の壁にはり付いてしまう場合もあります。尿管内に残った結石が尿管をむくませ、気付かず時間が経過すると腎臓に尿がたまってしまい感染症につながるのです。特に暑い夏などは汗の量が多くなるので尿量が少なくなってしまいます。健康トラブル回避のためにも適切に水分を摂取し、日本人に多いとされる尿路結石を回避するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *